肩の関節と肩甲骨の痛み、慢性的な肩こりの方へ


肩こりは怖い症状

肩の関節と肩甲骨の痛み、慢性的なコリ

 

皆さんはこんな症状を感じたことはないですか?

 

・手が上まで上がらない

・エプロンが後ろで結べない

・肩を回すとゴリゴリなる

・ねこ背気味

・どちらかの肩が上がっている

 

実はここに書いてある症状は、

すべて肩の関節と肩甲骨の動きの硬さから起きています。

 

皆さんがよく耳にする肩こりは筋肉が緊張して硬くなり、

血行不良を起こすことで生じます。

 

この肩こりの怖さは、

症状よりもそれが原因で次のトラブルに繋がることです。

 

あなたの肩こりは「肩の関節と肩甲骨の硬さ」のサインです

 


肩こりから起きる四十肩

 

肩の関節と肩甲骨の硬さがある状態は何が悪いのでしょうか?

この状態で重いものを持ち上げます。

また肩の上げ下げ、捻るなど関節を動かします。

すると骨と骨の間に肩の筋肉やスジが挟まり炎症(キズ)が起きます。

これが肩の痛みの原因です。

 

そこから症状がさらに悪化したものが肩関節周囲炎(いわゆる四十肩

と呼ばれる障害に繋がっていきます。

 

肩関節周囲炎(四十肩)は肩の関節内の潤滑膜が

炎症によって他のスジなどに張り付いてしまっています。

その為肩の痛みや動きの不自由さはとても強く、

尚且つ治るまでに半年~1年近くかかることもあります。

 

その為肩の関節と肩甲骨の硬さのサインでもある肩こりは、

四十肩の予備軍とも言えるでしょう。

 

 


絶対に見逃してはいけない“危険サイン”

それが肩の「ゴリゴリ」「パキパキ」

 

肩を大きく回した際の『ゴリゴリ』『パキパキ』

この音こそ肩の関節と肩甲骨の硬さによってスジが関節に挟まっている音です。

 

肩こりや肩の痛みを抱えていない方でも、この音が鳴る場合があります。

実はこれ肩関節周囲炎(四十肩)の隠れ予備軍です!

 

肩の「ゴリゴリ」「パキパキ」はかなり状態が悪くなった肩に生じる音です。

肩の関節と肩甲骨の硬さは深刻です。

 

この改善させるには専門的な治療が必要です。

しかし一人一人肩の関節と肩甲骨の不具合の原因は違います。

その為当院ではしっかり検査を行い、その状態に合わせたベストの治療をご提供しています。

 


女性必見!

肩の関節と肩甲骨の硬さは体型を崩す!

肩の関節と肩甲骨の硬さは体型を崩すこともあります。

 

肩の関節と肩甲骨の硬さは姿勢の悪化の原因にもなります。

・肩の関節と肩甲骨が動かなくなる

・肩が内側に歪む

・背骨全体が丸くなる(ねこ背)

・骨盤が後ろに歪む

・足の血流が悪くなる

 

この一連の流れによって体型が崩れ、さらに筋肉の働きが悪くなり代謝も低下します。

「ボディーラインが垂れ下がる」

「背中にお肉が付く」

「お腹にお肉が付く」

「お尻が大きくなる」

「足がむくむ」

この様な自体に発展することも考えられます。

 

この予防には自宅での肩の関節と肩甲骨のストレッチや有酸素運動が重要です。

施術の際にスタッフから体操のアドバイスを受けましょう!

 

この様に、肩は全身に大きな影響を与える関節です。

逆に体の様々な要因で肩を痛めることもあります。

 

当院は肩の症状に特化したスタッフが勤務しています。

是非ご相談下さい!

 

東村山、飯能、立川、小金井の肩のお悩みは安川接骨院まで!