安川接骨院 立川院


【立川院の取り組み】

立川院では特に

 『痛みや怪我の予防』『子どもの怪我ゼロ活動』

『眼精疲労』『頭痛』

に力を入れています。



【痛みや怪我の予防】

立川院では、患者さんの痛みや症状を最短で改善することを最優先に治療を取り組んでいます。

 

痛みや症状を改善するのは最もですが、

「予防する」ことをさらに大事にして治療を行っています。

スポーツをしている方なら、

『怪我をしない体を作る』

怪我をしない体=運動能力の向上しやすい体

です。

予防を通してパフォーマンス向上につなげていきます。

また、以前から痛みを繰り返している方は

『再発の予防』

日々痛みや症状があるだけで日常生活を有意義に過ごすことができなくなってしまいます。

痛みを取るだけでなく、予防を大事にし、

患者さんの未来が少しでも良くなるような院を目指して日々治療を行っています。

 

【子供の怪我ゼロ活動】

特に子供の未来を明るくしたい!!と常々思っています。

最近は子供の怪我が多く、些細な事で大きな怪我をしたり、怪我の治りが遅かったりします。

それは体質自体が変化してきているからです。

子供の時に体が弱ければ10年後、20年後、老後を考えるとどうでしょう?

子供のうちから丈夫な体を作ることで大人になってからの体を変えることができればと考えています。

 

また、体の健康は心の健康。

さらには脳の健康でもあります。

体が元気になることで家庭の中で色々な事に繋がってきます。

子供の体が良くなることで家族自体が良い未来に向かっていくことを目指しています。

その為にも、

怪我の予防に力を入れて治療を行っています。

 

立川院といえば

怪我や予防に強く

子供の怪我ゼロを目指している接骨院

ということが地域に根付いていけるよう、日々診察を行っています。


安川接骨院立川院は子供の怪我ゼロを目指しています‼


頭痛・眼精疲労

普段から「眼精疲労」や「頭痛」「眼のズキズキ」でお悩みの患者様が多く来院します。

現代の生活の中でPCやスマホを使う場面が多く仕事でもデスクワークが増加しています。

 

そんな方たちのための特殊整体もございますのでご体験ください。


立川院は、先代の安川総院長が若葉町に接骨院を開業してから、

30年以上地域の皆様の健康をサポートしてきました。

4年前に旧店舗の老朽化等から、今の若葉町団地商店街に場所を移しましたが、現在も立川市若葉町をはじめとした近隣の皆様から信頼して頂ける接骨院として、日々取り組んでいます。

院長紹介


安川接骨院 立川院院長

千葉 倫生

 

若葉小、立川九中を卒業。小学生時には地元のサッカーチームの若葉FCに所属。

地元の人たちの健康、地元の子供たちの運動能力向上を目指しています!!


【院長挨拶】

立川院院長 千葉倫生と申します。

HPをご覧頂きありがとうございます。

私が患者さんの治療を通して大切にしていることは、

“不健康な生活を思う存分送ることができる体にする”という事です。

え、不健康な生活?と思うかもしれませんが

不健康な生活習慣は健康な体の人にしかできません。

本当に不健康であれば

あれしちゃダメ、これは体に悪いからダメ、など色んな事に縛られて生活しないといけません。

それが本当の意味で患者さん自身が望んで活き活きと生活できているのだろうか、と疑問に思っていました。

もちろん、規則正しい生活習慣や食生活はとても重要です。

治療を行う中で生活習慣や食生活を改善するような指導を行う事もあります。

ですが、健康の為だからといって色んな制限をするのではなく、

その人それぞれが本当に望む生活を私たちでサポートしていき

毎日を楽しく元気に過ごせるお手伝いができたらいいなと思って日々診察しています。

そして、毎日を楽しく元気に過ごせるよう患者さんの痛みや症状を取り、

『接骨に来なくても元気でいられる体づくり』

これをとにかく大事にして

患者さんの理想の未来を引き出すことを大切にし毎日診察しております。

 


〒190-0001

東京都立川市若葉町4-25-1-37-107

TEL/FAX:042-536-8691

駐車場あり

(グルメシティの駐車場には停められません)

立川駅北口 立川バス『若葉町団地』行き 終点徒歩0分

立川若葉町郵便局となり