· 

【痛みが取れた=治った】ではない

子供のスポーツ障害への取り組みに置いても
地域の健康水準向上の取組みにおいても
もっとも時間を費やすのが【説明】です。
医学的知識の差は
物の解釈や、判断に大きな影響を与えます。
その為、痛みを抱える本人はもちろん
子どもの場合はそのご両親や指導者に
とことん説明して、知識をつけてもらいます。
その中で私が1番初めに伝えることが
「痛みが取れた=治った」ではない!
という事です。
患者さんにとって最も頭を抱えるのが痛みです。
ですが痛みは改善課題に1つにしか過ぎません。
本来治ったとは
【機能が戻った】ことを言います。
機能とは?
機能とは一般的な表現で言えば“性能”に近い意味です。
・関節の動く範囲
・体を支える筋力
・動作の正確性
・バランス
・姿勢を保つ反射
人間が心地よく生活を起こるためには多くの機能が必要です。
痛みを取り、機能を正常化させることが
接骨院での施術のゴールになります。
骨折でもそうです。
骨が付いただけでは痛みは取れても
まともに動かす事は出来ません。
むしろ骨が付き痛みが取れてからが大切です。
私たちが日々の施術で追い求め
改善のプランニングをさい立てる際
最も重視するのが、この“機能”です。
痛みが無くなっても
体の性能が戻っていなければ、
必ずこの先体のトラブルに発展します。
痛みは“今”に影響を与え
“機能”は未来に影響を与える。
特に子供の場合
痛みよりも機能を大切に改善計画を立てます。
ケガによって機能が低下すると
今度の発達や成長に影響を与え、
スポーツを行っている子であれば将来を左右させてしまいます。
患者さんもそこまで考えていない未来”を
医療に携わる私たちは常に意識に考えています。