梅雨の季節。 今から気をつけて! じっとりした湿気とともに 気温もぐんぐん上昇する6月。 体が暑さに十分対応できていない この時期から夏に向けて、 特に注意したいのが 「熱中症」です。 熱中症は、 気温や湿度の高い環境で、 体内の水分や塩分のバランスが崩れ、 体温調節機能が うまく働かなくなってしまい、 めまいや立ちくらみなどの、...
部活の引退シーズンで練習がハードになってくるこの時期に怪我をしてしまうと、大会に間に合うかな? と、心配になると思います。 正しい〇〇をすることによって、怪我の状態を最低限にすることができます。
安川接骨院では日々の診察の中で整体メニューを通して姿勢の改善に取り組んでいます。 今回は「子供の姿勢」についてお話します。 普段の生活を見ていてお子さんの姿勢が気になる事はありませんか? 背中を丸めてスマホをいじったりゲームをしたり… 椅子に寄りかかってYouTubeを見ていたり… このような生活習慣から...
女性のカラダ · 22日 5月 2019
女性の肩こりは放っておくと 眼精疲労や片頭痛が 悪化してしまいます!
子供の怪我ゼロ活動 · 21日 5月 2019
先日中学生の硬式野球クラブチームに野球肘予防の講習会を行なってきました! 野球をしていると肘、肩の怪我が1番多いのですが、特に筋肉、骨がまだ未発達な小中学生は肘の怪我が大変多くなっています。 原因は 投げすぎ、フォームの悪化、筋肉や関節の硬さ、栄養不足、ストレッチ不足 などで起こると言われています。...
安川接骨院の取り組み · 20日 5月 2019
ロコモティブ症候群という言葉をご存じですか? ・歩いているだけで体が痛い ・思うように体が動いてくれない 日常生活の中でこのようなことにお困りの方に読んで頂きたい投稿です。
小中学生に起こりやすい、かかとの痛み。 最悪の場合…骨が傷付いたり変形を生じてしまう事も!? ですが予防策はちゃんとあります。
骨盤と冷えについてのお話です。
02日 5月 2019
冷えでバランスが乱れていく 私たちの体は血液が循環することで様々なバランスを保っています 体温が36.5度ある人も手先やお腹が冷たければその部分は冷えているということ。 酸素や栄養が体に行き渡らないと、体の機能がスムーズに動かなくなります そのままにしておくと…...
女性のカラダ · 02日 5月 2019
平熱36.5度以上と35度台 なにが違うの? たった1度の違い、と思っていませんか? 人間の理想の体温は「36.5~37度」 現代は平熱36度前後の人が圧倒的に多く、35度台の人も少なくありません。 体温が35度台になるとこんなに不調を引き起こすんです

さらに表示する