子どものケガに特化した接骨院

安川ぽかぽか接骨院

院長紹介


安川接骨院 総院長

安川 元也


【子どものケガに特化した接骨院】

の取組み

【子どもの“未来”を考えた治療プラン】

未来に起きるリスクを可視化し、原因を徹底的に改善


【子どものケガに特化した接骨院】

 

どんな症状にも必ず原因があります。

ケガの後、一時的な安静で痛みが消えても原因が残っていれば、

本人が気がつかないところで子どもの体をむしばみます。

これが数カ月、数年後選手生命を脅かすに大きなトラブルへ繋がります。

 

初診の検査では、痛みの検査と同時に原因の検査をしっかり行います。

そこから見えてくる“未来の傷病リスク”を可視化し、その傷病が起きない体づくりを治療と共に行います。

 

子ども達の可能性を脅かす問題や未来に起きるリスクを明確にする事で、

子ども達自身が積極的に原因の改善に取り組みます。

 

飯能院では地域の医療機関とも連携し

子どものケガや成長、発達を地域で支える役割を目指しています。

【将来のオリンピック選手を育てる】

トレーナー活動を通してアスリートのカラダ作りを行う


【子どものケガに特化した接骨院】

 

ケガの改善の中で取り組む“原因の改善”

これは負傷した選手にのみ必要な事ではありません。

 

近年子どもの体は類を見ないほど弱くなっています。

【骨格の弱体化】【運動機能の低下】

この改善は院内だけではなくオリンピック選手を目指すアスリートにも応用が出来ます。

 

パラオリンピック選手や国際大会メダリスト

これから全国へ羽ばたくジュニア選手

地域のクラブチーム

 

未来のトップアスリートを育てるため

大会や合宿、予防教室など幅広く活動を行っています。


【行政や教育機関での予防講演】


 【子どものケガに特化した接骨院】

 

安川接骨院では

子ども達の【ケガを未然に防ぐ】【ケガにならない体を作る】

をスローガンに行政、教育機関と連携し地域で講演活動を行っています。

 

【ケガに泣く子どもが1人でも少なくなるように】

【健康を通じ自分を大切にする子どもが増えるように】

東京都、埼玉県を中心に講演を行っています。

 

活動の実績が評価され【東京2020オリパラ事業】で講演を行いました。


午後の診察は子供達の来院が多いためご予約が取れにくい状態です。

ネットで予約が取れない場合は電話にてお問い合わせ下さい。

〒357-0021

埼玉県飯能市双柳1298-26

TEL/FAX:042-983-8887

駐車場あり

西武線『東飯能駅』 徒歩20分



安川ぽかぽか接骨院は

『社会福祉法人はなみずき会』

のご協力があり開院出来ました。

こちらの活動もご覧になって下さい!