慢性痛が悪化すると…


慢性痛が悪化すると

どんな未来が待っているのでしょうか?

 

一度悪化させた慢性痛は

すんなりとは良くならないのです。

 

改善させるのには長期間の治療に加え

柔軟性の強化

筋力の強化

 

場合によっては…

喫煙習慣や飲酒習慣の改善も必要となります。

 

また複数回かつ長期的に抱えていた痛みは

その痛みを脳が覚えてしまうため

ストレスがかかったりする度に痛みが再発してしまいます。

 

 


さらに慢性痛の面倒な所は、

時間が経てば経つほど治すのが困難になることです。

 

1度生じた慢性痛を治すには【運動、栄養、睡眠】を中心とした生活習慣の改善が必要です。

 

慢性痛が悪化すればするほど、

長期化すればするほど、

治すのに必要な改善事項が増えてしまいます。

 

体が痛いことにストレス・・・

生活習慣の改善にストレス・・・

ストレスが痛みを悪化させ・・・

 

まさに八方ふさがりです。


 運動するにも痛みで思うよう動けず

ちょっとストレスが加わっただけで痛みが強くなる。

 

また季節の変わり目などにも痛みが強くなり

まさに痛みとつきあう生活になってしまいます。

 

こうならない為には

【痛めて出来るだけ速やかに治療環境を整える】

ことが重要です。

 

初期の慢性痛であれば

施術に加え、比較的簡単な体操や運動で

十分症状をコントロールできます。

 

いっ時の「面倒くさい」が

「長引く痛み」になる前に

しっかり治しましょう。